カテゴリー
Windows

spacedesk

spacedesk

  • Source/Destination 双方ともに Windows 8.1 で動作可能
  • Destination は HTML5 アプリとしても実装されている
  • Destination から接続する必要がある
    • Source からの接続と切断はできなかった
  • 画面の描画がなければ CPU 負荷はほとんどない
  • メモリー使用量は無視できるほど小さい
  • Wi-Fi 経由ではマウスカーソルが滑らかに動かない
  • 動画再生
    • Wi-Fi 経由ではやや厳しい
    • 720p/30fps では遅延が発生することがある
    • 遅延してもフレームは破棄されないようだ
    • CPU 負荷はそれなり
  • Destination でモニターが常時点灯するように設定する必要がある
    • 自動消灯する設定ではフレームの再生が終わるまで明滅して完全に消灯から復帰しない

今後ライセンスがどうなるか不明だが、資料を映すだけなら悪くない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です