WordPress 5.9 が公開され、FSE (フルサイト編集、full site editiong) がついに実装された。

ヘッダー、コンテンツ、フッターに分かれ、それぞれにサイト固有のブロックや投稿・ページ固有のブロックを配置することで表示されるようだ。

List view で構造を確認しながら編集すると便利

しかし適当にいじっている限りでもまだまだ機能不足は否めず、Blocks CSS で補わないと実用にならない。とはいえブロックが充実してくればある程度は解決されるはずで、テーマを一から作るような仕事は少しずつ通用しなくなるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。