簡単に触ってみた印象としては、Adobe Illustrator にトランジションなどの機能を追加して Web に寄せたツール。対抗としてよく挙げられるのは Figma のようだ。

プロトタイピングツールとしては便利だが、最終結果を得られるものではないため、常に HTML/CSS などの変換先を意識する必要がある。しかし HTML/CSS とは異なるシステムなので、簡単に変換コストの高いパーツが出来上がってしまう。コンポーネントやステートでアニメーションや遷移を表現するのだが、HTML/CSS より明らかに便利な部分がある一方で、そうでない部分もあり、触っていて XD の存在自体に疑問を感じることが多い。

わたしには自分のデザインしたものを HTML/CSS に変換できない Web デザイナーに何の意味があるのか分からないが、とにかくコーダーの能力のない人間に Adobe XD を使用させるのはかなり危険だろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。