サーバーをいじっているとキーボードの入力を読み取る側が英語キーボードに固定されており、日本語キーボードでは困ることがあります。アルファベットや一部の記号は何とか入力できますが、: (コロン) や | (パイプ) などが入力できないため操作は非常に制限されてしまいます。スクリーンキーボードのレイアウトもハードウェアと同じに設定されてしまい解決策となりません。

おそらく Windows 10 以降であれば言語を追加することにより、再起動なしでキーボードレイアウトを動的に変更することができます。

設定を開き “英語” 言語パックを追加します。
“基本の入力” がインストールされているか確認します。

このように設定すると Windows キー + Space でキーボード (キーボードレイアウト) の変更ができます。

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。