カテゴリー
Uncategorized

Windows CIFS implementation

Windows の CIFS 実装はクライアント・サーバーともに非常に強い癖があります。

  • ポートは 137-139, 445 に固定、サーバーの待ち受けは 0.0.0.0 で行われる。(0.0.0.0 が使用済みの場合は各アダプターの設定に従う)
  • 1 ユーザー、1 サーバーあたり 1 セッションしか使用できない。
  • ユーザー側からセッションを GUI で明示的に閉じることはできない。
    ---------------------------
    Windows
    ---------------------------
    現在、指定されたネットワーク フォルダーは異なるユーザー名とパスワードを使って割り当てられています。
    
    異なるユーザー名とパスワードを使って接続するには、最初に現在のネットワーク共有の割り当てをすべて切断してください。
    ---------------------------
    OK   
    ---------------------------
    

時代遅れの実装をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です