カテゴリー
Uncategorized

distutils.msvccompiler が参照するレジストリ

from distutils import msvccompiler
# レジストリのルートキー
root = HKEY_CURRENT_USER #HKEY_LOCAL_MACHINE
# sys.version からビルド環境とバージョンを取得
version = msvccompiler.get_build_version()
#
# マクロで使用する定数。使用しなければ設定する必要なし
#
root, 'Software\Microsoft\VisualStudio\%0.1f\Setup\VS' % version, 'productdir' # マクロ VSInstallDir
root, 'Software\Microsoft\VisualStudio\%0.1f\Setup\VC' % version, 'productdir' # マクロ VCInstallDir
root, 'Software\Microsoft\.NETFramework', 'installroot' # マクロ FrameworkDir
root, 'Software\Microsoft\NET Framework Setup\Product\*', 'version' # マクロ FrameworkVersion
# これのみ必須。空でよし
root, 'Software\Microsoft\.NETFramework', 'sdkinstallrootv1.1' # マクロ FrameworkSDKDir
#
# パスの設定。すべて必須。ディレクトリは os.path.pathsep (;) で区切る
# マクロは $(VCInstallDir) といった形で使用する
#
# cl.exe や link.exe 等があるディレクトリ
root, 'Software\Microsoft\VisualStudio\%0.1f\VC\VC_OBJECTS_PLATFORM_INFO\Win32\Directories' % version, 'path dirs'
# ヘッダファイルのあるディレクトリ
root, 'Software\Microsoft\VisualStudio\%0.1f\VC\VC_OBJECTS_PLATFORM_INFO\Win32\Directories' % version, 'include dirs'
# ライブラリのあるディレクトリ
root, 'Software\Microsoft\VisualStudio\%0.1f\VC\VC_OBJECTS_PLATFORM_INFO\Win32\Directories' % version, 'library dirs'

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です