カテゴリー
Uncategorized

SWIG のメモ

  • %import “hoge.h” は typedef や #define の情報だけを取り出す。
  • %include “hoge.h” すると関数の extern や struct/union の宣言を元にラッパーコードを生成する。
  • 邪魔な宣言を %ignore hoge_func; して C と共通のヘッダを使うと楽かも。
  • SWIGWIN とかいうシンボルがあるとドキュメントには書いてあるが嘘っぱち。実際には SWIGWIN32 と記述されていて、さらにそれも Windows 版バイナリや cygwin 版バイナリでは有効になっていないというオチ。事実上 swig のみでプラットフォームを特定する手段はない。*1
  • どんなディレクティブが使用できるかドキュメントにはまるで書いてない。%echo “Hello!”; すら書いてない。
  • cygwin とは相性悪い雰囲気*2
  • gcc に取り込まれてくれろ。

*1:中の人は Windows なんて使ってないんだろう

*2:cygwin 自体どうよという話は別として

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です