カテゴリー
Uncategorized

Mozilla の JavaScript の tips

JavaScript Reference

E4X

XML 宣言があると例外吐く。

英語のページには bug として書いてあった。

Known bugs and limitations

DTD

DTD の情報には JavaScript からはアクセスできない。

しかし <script></script> の中なら展開してくれるらしい。

debug

Debugging a XULRunner Application – MDC

dump – MDC

Dom.report all js exceptions – MozillaZine Knowledge Base

Exception logging in JavaScript – MDC

Venkman

しかし例外を表示してくれないことがよくある。venkman はよく止まる。jsdump() はオブジェクトによっては表示がクリアされるので dump() の方が無難。

try…catch

try {
...
} catch(e){
dump(e.fileName, e.lineNumber, e.name, e); //e.stack
}

include, import

しかし Python の import はよく出来てるわ。

loadSubScript

ただし addons.mozilla.org では文句言われる。スコープが独立していない。

Components.classes['@mozilla.org/moz/jssubscript-loader;1']
.getService(Components.interfaces.mozIJSSubScriptLoader)
.loadSubScript('chrome://path/to/script.js');
import

Components.utils.import()

chrome.manifest で resource:// の登録が必要。

XPCOM の登録時には有効じゃない? EXPORTED_SYMBOLS が必要。

タイミングとかスコープがいまいち分からん。

JavaScript Object over XPCOM

wrappedJSObject | MDN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です